子供虫歯に関する豆知識

虫歯というと、自分が経験したことがあるという人が多いだけに、
ついつい自分の場合を考えて対処しようとしてしまいますが、「チョット待った!」。

 

乳幼児期の虫歯については自分の経験を適用することは控えた方が賢明です。

 

というのは、乳歯の虫歯は大人の歯(永久歯)と性質が違っていて、
それゆえ対策方法が異なってくるからです。

 

知らずに永久歯と同じ感覚で対応すると、子どもの大事な歯を損なうだけでなく、
新しく生えてくる大人の歯や子どもの発育にまで影響が出る場合もあります。

 

今回は、母親が知っておくべき乳歯の虫歯について、特徴的な部分をご紹介します。

 

 

乳歯の虫歯は「白い」

乳歯の虫歯が見過ごされやすい原因のひとつは、
大人の虫歯と違って目立つ黒になるのではなく、白いままであることが多いことです。

 

 

黒い虫歯というのは、進行の遅い虫歯で、白い虫歯は進行の早い虫歯です。

 

乳歯は歯がやわらかく溶け出しやすいため、進行の早い白い虫歯が多いのです。
見逃してしまわないように気をつけてくださいね。

 

 

乳歯はエナメル質が薄い

人間の体の中で最も硬い部分は歯の表面にあるエナメル質と言われています。

 

このエナメル質が、乳歯の場合は大人の半分しかありませんので、
ひとたび虫歯ができてしまうとその進行が早く進みます。

 

普通、人間の口腔内では食事によって歯が溶けること(脱灰)と、
溶けた歯を元に戻すはたらき(再石灰化)が絶えず繰り返されています。

 

ですので、軽い虫歯程度でしたら人間の歯は自然に治癒されていきます。
そのため、虫歯の進行がエナメル質内なら、再石灰化で治る可能性は十分です。

 

そこから一層進んでしまって、柔らかい象牙質に入ってしまうと
虫歯はの進行ペースは一気に加速し、どんどん広がってしまうので注意が必要です。

 

 

乳歯は虫歯になると神経にすぐに達する

乳歯は前述のようにエナメル質が薄く、またその下の象牙質も厚みが薄く、
そして神経の大きさも大きいため、虫歯になってしまうと神経にすぐ至ります。

 

 

実はこの神経は、永久歯に生え変わるときにも関係しているので、
この神経が損なわれてしまいますと、生え変わりがうまくいかない場合もあります。

 

ですから、早めに対応することが必須となります。

 

 

歯と歯の間にできやすい

乳歯で虫歯ができやすいところといえば、奥歯の歯と歯の間です。

 

この部分は見た目に見えにくいところですし、
子どもも口を開け続けることができないので歯みがきが疎かになりやすいところです。

 

そのため、虫歯が気付かれないままドンドン進行して、突然穴が開いてしまいます。

 

奥歯の歯と歯の間は一見詰まっているように見えますから、
通常の歯みがきでは不十分なことも多く、専門的な道具を使わないと汚れが残りがち。

 

歯医者さんでしっかり検査・対応してもらうのがベストです。

 

 

痛みが出にくい

子どもは我慢ができないので、痛かったらすぐに言うだろうと思ってはいけません。
子どもはむしろ、痛みの感覚が発達していないために気付かないことも多いです。

 

そのために、多少痛みがあったとしても放っておかれ、虫歯が進行してしまっていることも少なくはありません。

 

子どもの場合は、虫歯が痛むよりも虫歯の周囲の歯茎が痛んだりということが多いです。

 

また、反対側の歯で噛めば傷みを感じないので、そうやって噛む歯が偏っていったり、
そうしている間に虫歯が進行することも少なくありません。

 

ちょっとした食べ方の変化にも気をつけて見てあげ、確認することが大切です。

 

食事に注意

大人でも同じではありますが、特にこの時期の子どもは急激に味覚が変わります。
好みの味や食感が変わっていきますが、特に甘いおやつには注意が必要です。

 

量も増えていきますし、子どもは食事の回数も多いですから、
歯もその分ものすごいスピードで溶けていくようになりますので、
大丈夫だろうと油断しないで、毎日歯の状態は注意して見てあげるようにしましょう。

 

関連ページ

子供の乳歯にはムシバイ
ムシバイの口コミの一部で「効果なし?」「嘘なの?」といった声があるようですが本当なのでしょうか。ムシバイを実際に使ってみたので、検証結果を赤裸々にお伝えしていきます。
過剰歯とはどのような歯なのか
ムシバイの口コミの一部で「効果なし?」「嘘なの?」といった声があるようですが本当なのでしょうか。ムシバイを実際に使ってみたので、検証結果を赤裸々にお伝えしていきます。
子どもが歯磨きをしないで寝た時にはどうすればいいか
ムシバイの口コミの一部で「効果なし?」「嘘なの?」といった声があるようですが本当なのでしょうか。ムシバイを実際に使ってみたので、検証結果を赤裸々にお伝えしていきます。