デコルテニキビ・胸ニキビの治し方をチェック

デコルテニキビ・胸ニキビ治し方をチェックしましょう。
MENU

デコルテニキビと胸ニキビの治し方をチェック!

キレイに見せたい部分だからこそ、ちょっとした赤みが気になってしまうのが、
胸ニキビやデコルテニキビの悪い特徴です。
これらは普段の生活習慣でのケアが、最高の治し方だと言われています。

 

たとえば、お風呂に入るときの順番にも注意が必要です。
正しいお風呂の順番は、頭から洗って全身を洗うという順番で、上から下という順番を意識しましょう。

 

せっかくカラダをキレイに洗っても、後で髪を洗って、シャンプーやリンスが付くと、
意外に意識に上らずしっかりとすすぎ流せておらず、残ることが多いです。
後でしっかりすすげばいいのですが、先に髪を洗うようにするだけで、
こうしたすすぎ残しをかなり防ぐことができます。
同様の理由で、お風呂の中で、最後に洗顔をするというのもやめておきましょう。

 

 

また、胸は筋肉や脂肪による厚みがあるので強そうに思われがちですが、
それはあくまで筋肉や脂肪の話であって肌の話ではありません。
ですから、強いだろうと思って当たり前にやっている習慣が、肌にはダメージです。
タオルでゴシゴシ拭いたり、お風呂でこすったり、
またカバンや荷物を強く押し付けたりしていることはないでしょうか?
こういった習慣を避けて、肌を守ろうとするだけでもだいぶ変化が見えてきます。

 

 

バランスの良い食生活にも是非注意を払いたいところです。
結局、ニキビは体の抵抗力が弱っていたり、また毒素の排出のためにできますから、
体内の環境をしっかり作っておく必要があります。

 

直接的にカラダの内部に働きかけることができるのは食事くらいですから、
日々の食事は栄養バランスを考え、また、腸内環境を整えることのできるような、
野菜や果物、海藻類をしっかり摂取できるように工夫しましょう。
そう考えると、和食って本当に理にかなっている素晴らしい献立なんですね。

どうして胸やデコルテにニキビができやすいのか

顔と同じように胸やデコルテにはニキビができやすいのですが、
どうしてニキビができやすいのか、その原因・理由について考えてみましょう。

 

 

衣類による摩擦が原因

胸やデコルテにニキビができる原因に、衣類による摩擦刺激があります。
この部分はあまり露出することはなく、普段は衣類で覆われていますから、
外部からの汚れや刺激からは守られますが、一方で衣服の布地から刺激を受けます。

 

特に化学繊維を使った布地は肌への刺激が強いので、
綿や麻、絹などの植物繊維の衣服を着用するようにしたいものです。

 

また、汚れがついた衣類を着用すると、汚れが肌を刺激します。
すなわちシャンプーなどの洗剤の洗い残しや、汚れて汗のついた衣類を長時間着用すると、
肌に刺激を与えますから、常に清潔な衣服を着用しましょう。

 

 

汗と皮脂分泌はニキビができる原因

特に夏場は誰もが経験しますが、胸とデコルテは汗を多くかきますし、皮脂が多く出る部分です。
ですから特に汗かきの人や皮脂分泌が活発だと感じる人は注意が必要です。

 

汗をかいたから拭くだけではなく、汗を拭いた後の肌環境にも配慮しましょう。
ただし程度問題で、汗を拭きすぎたり、皮脂分泌をきれいに処理しすぎると、
今度はその部分が乾燥してしまい、肌荒れがひどくなることがあります。

 

肌荒れを防ぐためには、汗を拭き取ったり皮脂を処理した後できちんと保湿のスキンケアをしましょう。
ただし保湿クリームは毛穴に詰まることがあるので、サラリとした化粧水がお勧めです。

 

また、できるだけ通気性の良い衣服を着用することも忘れないでください。
通気性が良いと汗や皮脂を好む雑菌の増殖を防ぐことができます。

 

 

ボディソープやシャンプーの洗い残しは要注意

胸やデコルテにニキビができる原因には、入浴時のボディソープやシャンプーの洗い残しがあります。
胸やデコルテの周りはきちんと洗い流したつもりでも、
ボディソープやシャンプーなどの成分が残りがちです。
特にロングヘアーでは洗い残しがないようにしましょう。

 

ボディソープやシャンプーの成分が肌に残ると、毛穴に詰まって、炎症を起こしたりします。
また、これらの成分が肌に残ったままだと肌を刺激しますし、
空気で酸化すると肌に悪い影響がでることがあります。

 

 

食事と睡眠はニキビと関係がある

食事で脂肪分や糖分が多すぎると皮脂の分泌が増えて、ニキビができやすくなります。
ビタミンやミネラル、たんぱく質などが不足すると、肌のターンオーバーが不活発になり、
できたニキビが治りにくくなりますし、肌も弱くなります。

 

また、胃腸の機能が低下すると肌の免疫力が低下して、ニキビができやすくなりますから、
暴飲暴食は避けましょう。

 

さらに、睡眠不足は肌荒れとニキビができやすい肌になりますから、
できるだけ肌のゴールデンアワーと言われる22時〜26時の時間帯に
きちんと睡眠をとるようにしましょう。

 

 

胸ニキビの治し方の基本は、上に挙げたように日常生活から少しづつ改善していくことが、
何よりも大切のようです。ニキビケアは、一朝一夕には治らないということですね。

 

更新履歴
このページの先頭へ